歯医者で痛みが発生する可能性のある治療ってどんなもの?

麻酔を使わない歯石取り

歯医者で痛い治療は大きく二つに分けられます。まず、基本的に麻酔をしないので痛くなってしまう治療、もう一つが麻酔をしても痛くなることがある治療です。
前者にはどのようなものがあるのかというと、代表的なものとしては歯石取りがあります。歯石は歯の根元についていることが多く虫歯と違い触っても痛くなることはありません。そのため麻酔をしないことが多いのですが、歯にこびりついた歯石を取るためには先がとがった器具で歯の表面をひっかく必要があり、それが歯の神経を刺激して痛みを誘発することがあるのです。なので、歯石を取ってもらう過程で歯の痛みが発生し、どうしても耐えられない場合は麻酔を使ってくれるよう、歯医者にお願いしてみましょう。

虫歯でダメージを負った神経は麻酔が効きにくい

麻酔をしても痛くなる治療にはどのようなものがあるのかというと、歯の神経を取る治療が挙げられます。虫歯で強い痛みが出た場合は、単に虫歯を削って埋めるだけではなく、虫歯を削り、さらに神経も取ってしまう治療が行われることが多いのですが、痛みが出ている神経は麻酔が効きにくいことがあるのです。
この場合も歯医者に痛いことを伝えるようにしましょう。ただ、歯医者は治療中に患者の表情を見ていて、痛い場合は表情をしかめることが多いので、なにも言わなくても気づいてくれることがあります。その場合、「痛いですか?」と聞いてくる可能性が高いので、耐えられないと判断した場合は素直にうなづくといいでしょう。

地域に密着した診療を行っている鎌ヶ谷の歯医者は、定期検診にも取り組んでおり、虫歯を予防したいときにも役立ちます。