子供の歯並びの管理は保護者の務め!歯列矯正で綺麗な歯を実現させよう!

子供の歯並びが悪くなる原因と不具合の詳細

子供は乳歯から永久歯に生え変わる時期に歯並びが悪くなるリスクが増大します。乳歯が抜け落ちて永久歯が生えるタイミングは一定ではないため、子供の口の中は大きさが異なる乳歯と永久歯が混在した状態になります。また、乳歯が抜けてから永久歯が生えるまでの間に両隣の歯が傾いてしまうことから、歯並びが悪くなってしまいます。歯並びが悪い状態のまま成長すると噛み合わせや発声に不具合が生じる他、あごの骨や頬の筋肉に余計な負担がかかり、健康を損なう可能性も生じます。汚れが詰まりやすくなり、虫歯や歯周病などの疾患に見舞われるリスクも増えることから速やかに歯列矯正を施すのが歯並びを綺麗に保つための心得です。

子供の歯列矯正を適切に行うために必要な保護者の心得

歯列矯正は歯並びを改善させるために行う審美治療の一種で、専用のブリッジやマウスピースで歯を固定して傾きを矯正するのが主な治療内容です。効果が出るまで時間がかかることから根気強い治療が必要です。特に子供を対象にした歯列矯正治療は成長に伴って器具の交換や歯の洗浄などを行うため、成人以上に時間がかかることがあります。歯列矯正は心身に負担をかけることもあるので、子供に行う際は治療方針を理解させることが重要になります。子供自身が歯並びを改善させる意識を持つためには保護者の親身な対応が不可欠です。歯の健康状態を良好に保ち、綺麗な歯並びが健やかな暮らしに直結する重要な事柄であることをわかりやすく説明する姿勢を持つことが保護者に求められます。

押し出される歯にワイヤーを付け本来ある位置に戻ししたり、マウスピースで取り外しが可能な出っ歯の矯正があります